Data Warehouse のプロセス

Data Warehouse では、さまざまな種類のプロセスが実行されます。

ETLプロセス
抽出、変換、読み込み(ETL)プロセスでは、複数のOnCommand Insightデータベースからデータが取得、変換され、データ マートに保存されます。Data Warehouseのビルド プロセスは、ETLプロセスです。
ジョブ
Data Warehouse では次のようなジョブが実行されてレポートされます:インベントリ、ディメンション、容量、ポートの容量、VMの容量、ファイルシステムの利用率、パフォーマンス、容量効率、ライセンス、履歴ビルド、動的なアノテーション、コネクタの除去、スキップされたビルド、ASUPオプション、メンテナンス ジョブ。
統合プロセス
Data Warehouse では、複数のOnCommand Insight Serverを1つのData Warehouseデータベースに統合することができます。多くの構成で、同じオブジェクトが複数のコネクタから報告される可能性があります(つまり、同じスイッチが2つのOnCommand Insightインスタンスに存在)。その場合は、Data Warehouseによって複数のオブジェクトが1つに統合されます(プライマリ コネクタが選択され、そのコネクタだけからオブジェクトのデータが取得されます)。