Data Warehouseでの履歴データの保持

Data Warehouseでは、スケジュールに従ってデータが保守されます。データが古くなるにつれて、データ レコードの保持期間は短くなります。

Data Warehouse では、次の表に示すように、データ マートおよびデータの単位に基づいて履歴データが保持されます。

データ マート 測定対象のオブジェクト 単位 保持期間
Performanceデータ マート ボリュームと内部ボリューム 時間 14日間
Performanceデータ マート ボリュームと内部ボリューム 13カ月
Performanceデータ マート アプリケーション 時間 13カ月
Performanceデータ マート ホスト 時間 13カ月
Performanceデータ マート ポートのスイッチ パフォーマンス 時間 5週間
Performanceデータ マート ホスト、ストレージ、およびテープのスイッチ パフォーマンス 時間 13カ月
Performanceデータ マート ストレージ ノード 時間 14日間
Performanceデータ マート ストレージ ノード 13カ月
Performanceデータ マート VMのパフォーマンス 時間 14日間
Performanceデータ マート VMのパフォーマンス 13カ月
Performanceデータ マート ハイパーバイザーのパフォーマンス 時間 14日間
Performanceデータ マート ハイパーバイザーのパフォーマンス 13カ月
Performanceデータ マート VMDKのパフォーマンス 時間 14日間
Performanceデータ マート VMDKのパフォーマンス 13カ月
Performanceデータ マート ディスクのパフォーマンス 時間 14日間
Performanceデータ マート ディスクのパフォーマンス 13カ月
Capacityデータ マート すべて(個々のボリュームを除く) 13カ月
Capacityデータ マート すべて(個々のボリュームを除く) 月の代表日 14カ月以上
Inventoryデータ マート 個々のボリューム 現在の状態 1日(または次のETLまで)

13カ月(変更可能)が経過したあとは、Data Warehouseの次のテーブルで、容量、パフォーマンス、リソースの各データが1日に1レコードではなく1カ月に1レコードだけ保持されます。