6.3より前のバージョンのレポートのリストアとアップグレード

6.3より前のバージョンのInsightをアップグレードする場合は、レポート アーティファクトを手動でリストアする必要があります。

開始する前に

トピック「Data Warehouse(DWH)のアップグレード」および「カスタム レポートおよびレポート アーティファクトのバックアップ」の手順を実行します。

手順

  1. バージョン6.3より前のリリースのレポート アーティファクトをリストアするには、以前に作成して<install>\cognos\c10_64\deploymentディレクトリに保存したExport Backup.zipファイルをコピーします。
  2. ブラウザを開き、http://<server>:<port>/reporting(インストール時に使用したサーバとポートを指定)に移動します。
  3. ユーザ名とパスワードを入力し、[Login]をクリックします。
  4. [Launch]メニューから[Insight Reporting Administration]を選択します。
  5. [Configuration]タブをクリックします。
    データ モデルの変更が原因で古いパッケージ内のレポートを実行できず、レポートのアップグレードが必要となる場合があります。
  6. [Content Administration]をクリックします。
  7. [New Import]ボタンをクリックします。
  8. 配置ディレクトリにコピーしたアーカイブ(backup6.0.zipなど)が選択されていることを確認し、[Next]をクリックします。
  9. パスワードでアーカイブを保護している場合は、パスワードを入力して[OK]をクリックします。
  10. 名前を「Export...」から「Import Backup」に変更し、[Next]をクリックします。
  11. 必要に応じて、各パッケージ名の横にある鉛筆のアイコンをクリックし、新しいターゲット名を入力します。たとえば、既存の名前に「_original」というサフィックスを追加します。[OK]をクリックします。
  12. すべてのパッケージでターゲット パッケージ名を変更したら、青いフォルダをすべて選択し、[Next]をクリックして次に進みます。
  13. デフォルト値をすべて受け入れます。
  14. [Finish]をクリックし、[Run]を選択します。
  15. このインポートの詳細を確認し、[OK]をクリックします。
  16. [Refresh]をクリックしてインポートのステータスを確認します。
  17. インポートが完了したら、[Close]をクリックします。

タスクの結果

[Public Folders]タブに2セットのパッケージが表示されます。たとえば、一方のパッケージには「7.0」というサフィックスが付加され(新しい方のバージョン)、古いレポートを含んでいるもう一方のパッケージには「_original」というサフィックス(またはバックアップ / リストアの手順で入力したサフィックス)が付加されています。データ モデルの変更が原因で古いパッケージ内のレポートを実行できず、レポートのアップグレードが必要となる場合があります。これで、ポータルのタブが最新バージョンのポータル ページを参照するようになります。