ASUPの自動送信の無効化

すべてのネットアップ製品は、環境で発生する問題のトラブルシューティングを最大限にサポートする自動化された機能を備えています。ASUPは、あらかじめ定義された特定の情報を定期的にカスタマー サポートに送信します。Data WarehouseではデフォルトでASUPが有効になっていますが、情報を受信する必要がなくなった場合は無効にすることができます。

手順

  1. 左側のナビゲーション ペインで、[Troubleshooting]をクリックします。
  2. [Disable]をクリックして、ASUPから日次レポートが送信されないようにします。
    ASUPが無効になったことを通知するメッセージが表示されます。