データ保持、ETL、および期間

OnCommand Insight Data Warehouseでは、データ マートの種類とデータの時間単位によって、抽出、変換、読み込み(ETL)プロセスで取得されたデータの保持期間が異なります。

Performanceデータ マートおよび時間単位(ボリュームと内部ボリューム)

OnCommand Insight Data Warehouseで、時間単位の平均値、時間単位の最大値、および1日の毎時間(24個のデータ ポイント)のアクセス ビットが、14日分記録されます。アクセス ビットはブール値で、1時間の間にボリュームがアクセスされた場合はtrue、アクセスされなかった場合はfalseとなります。1日の最初のETLプロセスで、前日の24個のデータ ポイントがすべて取得されます。

ETLプロセスを1日1回実行して時間ごとのデータ ポイントを収集する必要はありません。同じ日に追加でETLプロセスを実行しても、OnCommand Insight Serverからはパフォーマンス データが取得されません。

Performanceデータ マートおよび日単位(ボリュームと内部ボリューム)

毎日ETLが処理されると、前日の日単位の平均値が計算されて、Data Warehouseに入力されます。日単位の平均値は、前日の24個のデータ ポイントの要約です。Performanceデータ マートには、ボリュームと内部ボリュームの日単位の要約が13カ月分保持されます。

Capacityデータ マートおよび日単位

Capacityデータ マートには、さまざまな容量ファクトの日単位の測定値が13カ月分保持されます。Data Warehouse内の容量ファクトは、ETLの直前にデバイスに対して実行された最後のデータ ソース収集の時点での最新値です。

Capacityデータ マートおよび月単位

Data Warehouseには、日単位の容量データが13カ月分保持されます。13カ月のしきい値に達すると、容量データが月単位で集計されます。月単位のデータは、月の代表日の値が基準となります。

次の表に、月単位の要約に取り込まれる月単位のデータを示します。

日付 Is Month Representativeの値 割り当てられた容量
1月1日 1(True) 50TB
1月2日 0(False) 52TB
... ... ...
1月31日 0(False) 65TB
2月1日 1(True) 65TB

この表のデータから、1月には50TBが割り当てられ、2月には65TBが割り当てられたことが月単位のレポートに示されます。1月のそれ以外の容量値は、月単位の要約に反映されません。

Inventoryデータ マート

Inventoryデータ マートには履歴データがありません。Inventoryデータ マートは、ETLプロセスが実行されるたびに消去されて再作成されます。このため、Inventoryデータ マートから生成されるレポートには、過去のインベントリ設定が反映されません。