Data Warehouse データベースを履歴からビルドする作業の概要

OnCommand Insight Serverの履歴データを使用してData Warehouseデータベースをビルドすることができます。 Data Warehouse では、「履歴からビルド」のスケジュールに従って、OnCommand Insight Serverからデータが抽出され、Data Warehouseデータ マートがビルドされます。

このオプションでインベントリ データをビルドに組み込む場合、特別なライセンスは必要ありません。ただし、容量情報をビルドするには、OnCommand Insight PlanOnCommand Insight Performのライセンスが必要です。

履歴または最新データからのビルドがすでに実行されている場合は、最後のジョブより前の日付でビルドを実行することはできません。つまり、最新のビルドを実行した場合は、履歴からのビルドを実行できません。たとえば、2012年1月1日を末日とする履歴からビルドを実行した場合、2011年を対象にビルドを実行することはできません。

履歴ビルドに1日か2日分の失敗したETLプロセスが反映されていない場合、この数日分だけを対象に履歴をビルドしないでください。履歴データは長期のデータであり、1日か2日でトレンドが大きく変わることはありません。履歴からの再ビルドが必要である場合は、履歴全体を再ビルドしてください。

[Build from History]ビューには、すべてのコネクタのすべてのビルド ジョブが表示されます。たとえば、すべてのコネクタのインベントリ ジョブ、すべてのビルド実行でのポート容量ジョブ、アノテーション ジョブなどが表示されます。

[Build from History]を設定する前に、次の作業が完了している必要があります。