Reportingでのマルチテナンシーのセットアップ

OnCommand Insight Data Warehouse では、ユーザを1つ以上のビジネス エンティティに関連付けることで、Reportingでマルチテナンシーを実現できます。管理者は、この機能を使用して、ユーザの属性や所属先に従ってデータやレポートを分けることができます。

ビジネス エンティティは、容量チャージバックの目的で次の値を使用して階層化されます。

マルチテナンシーを設定するプロセスの主な手順を次に示します。

ユーザがレポート データにアクセスする仕組みは次のように要約できます。

たとえば、次の部署に属するユーザに対してレポートを分ける必要がある場合が考えられます。

ユーザ エンジニアリング サポート 財務 法務
ユーザ1 X X    
ユーザ2     X X
ユーザ3   X