Data WarehouseデータベースまたはReportingサーバのリセット

Data Warehouseのデータ マートのコンテンツおよび設定されているすべてのコネクタを削除することができます。削除が必要となるのは、インストールまたはアップグレードが正常に終了しなかったためにData Warehouseデータベースが中間の状態にとどまっている場合です。Inventoryデータ モデルのみまたはCognos Reportingデータ モデルのみを削除することもできます。

手順

  1. Data Warehouseポータル(https://hostname/dwh)にログインします(hostnameはOnCommand Insight Data Warehouseがインストールされているシステムの名前)。
  2. 左側のナビゲーション ペインで、[Reset DWH database]をクリックします。
  3. 次のいずれかのオプションをクリックします。
    • Reset DWH Database

      このオプションでは、Data Warehouseのすべてのデータ マートのコンテンツおよび設定されているすべてのコネクタが削除され、Data Warehouseが、カスタム設定が行われていないインストール後のデフォルトの状態になります。このオプションは、たとえば、接続されているサーバを変更したあとに誤って別のData Warehouseデータベースをサーバにリストアしてしまったために、インストール後のデフォルトの状態に戻す必要がある場合に選択します。この処理ではレポートは削除されません(レポートはCognos Content Storeに保存されています)。

    • Reset Inventory Only

      このオプションでは、Inventoryデータ モデルのコンテンツのみが削除されます。履歴データは削除されません。

    • Reset Reporting Content

      このオプションでは、Rreportingサーバのコンテンツがリセットされます。保有しているカスタム レポートがすべて削除されます。このオプションを選択する場合は、事前にレポートをバックアップしてください。

    警告メッセージが表示されます。
  4. 続行する場合は[Yes]をクリックします。