チャージバック データのレポートを作成するためのシステム設定

チャージバック レポートには、ストレージ容量のチャージバックとアカウンタビリティの情報がホスト、アプリケーション、およびビジネス エンティティ別に表示され、現在のデータと履歴データの両方が含まれます。

このガイドでは、サービス レベルのコストとストレージ使用のコストのアカウンタビリティを示すチャージバック レポートを生成するようにInsightを設定する方法について説明します。このガイドの目的は、単純なチャージバック レポートを作成する際に必要な作業の手順と、Insightユーザ固有の環境でチャージバックを設定する際に使用可能なオプションを理解することです。

ここで紹介するレポートの例では、アプリケーションごとにプロビジョニングされたリソースとリソースのコストを特定します。レポートの出力は、Insightで次のデータを定義して作成します。

次のセクションでは、このデータにInsight Reportingがアクセスできるように設定する手順を説明します。