SNMP統合データ ソースの作成

SNMP統合データ ソースは、BrocadeおよびCisco用のOnCommand Insightデータ ソースに含まれている他のSNMPベースのデータ ソースと同様の共通SNMP設定プロパティを提供します。

開始する前に

SNMP統合データ ソースを使用してデータを収集するには、次の条件を満たしている必要があります。
  • このSNMPデータ ソースに使用する統合パックをインポートしておく。
  • すべてのターゲット デバイスで同じクレデンシャルを共有している。
  • すべてのターゲット デバイスに、設定した統合パックによって参照されるSNMPオブジェクトが実装されている。

タスク概要

SNMP統合データ ソースを作成するには、データ ソースの作成ウィザードでベンダーに「Integration」を、モデルに「SNMP」を選択します。

手順

  1. OnCommand Insight Web UIで、[Admin] > [Data Sources]をクリックします。
  2. [+Add]をクリックします。
  3. データ ソースの名前を入力します。
  4. [Vendor]に[Integration]を選択します。
  5. [Model]に[SNMP]を選択します。
  6. [What to collect]で[Integration]チェック ボックスをオンにします。
    ここでは、このデータ ソースが唯一のパッケージであるため、デフォルトでチェック ボックスがオンになっています。
  7. [Configuration]をクリックします。
  8. SNMPデータの収集元となるシステムのIPアドレスを入力します。
  9. インポートしたSNMP統合パックを選択します。
  10. 統合のポーリング間隔を設定します。
  11. SNMPのバージョンを選択します。
  12. SNMPコミュニティ ストリングを入力します。
    (SNMP V1およびV2の場合)
  13. データの収集元となるシステムのユーザ名とパスワードを追加します。
    (SNMP V3の場合)
  14. [Advanced Configuration]をクリックします。
    [Advanced Configuration]のデフォルトの設定が表示されます。必要に応じてこれらの設定を変更します。