SNMP統合データの収集

SNMP統合データ ソースを使用すると、OnCommand Insightで一般的なSNMPデータを収集することができます。

統合パック

SNMP統合データ ソースでは、「統合パック」を使用して、収集される統合値、およびそれらの値を提供するSNMPオブジェクトを定義します。

統合パックは次の項目で構成されます。

  • 特定のデバイス タイプ(スイッチ、ルータなど)のSNMPオブジェクトの観点から統合ペイロードのコンテンツを定義するJSON構成ファイル(integration.json)
  • 統合パックが依存するMIBファイルのリスト

統合パックでは、複数のデータ タイプを定義できます。たとえば、RHELホストを統合する場合は、アップタイム、ユーザ数、実行中プロセスの数などの一般的なシステム情報に対してデータ タイプを定義し、メモリやファイルシステムの使用状況に関するデータには別のデータ タイプを定義できます。一般に、各データ タイプは「フラット」にする必要があり、ネストされたデータを格納することはできません。

1つの統合パックに定義できるデータ タイプは24個までです。Insightは、収集する統合データの量を制限します。1分間に24個を超える数のレポートを取り込もうとすると、レート エラーになります。

統合タイプに名前を付けるときは、次のルールに従う必要があります。
  • 名前の先頭に次の文字を使用しない: _、-、 、+
  • 名前に次の文字を含めない: #、\、/、*、?、"、<、>、|、' 、`
  • UTF-8でエンコードした場合に100バイトを超えない
  • 「.」または 「..」という名前を付けることはできない

統合ファイルの形式

統合パックは、SNMPオブジェクトに関する統合ペイロードの詳細を定義するJSON構成ファイル(integration.json)が含まれたZIPファイルです。また、すべてのMIBファイルとそれらの依存関係を格納したMIBSフォルダも含まれています。

integration.jsonファイルはZIPファイルの一番上のレベルに配置し、MIBファイルはZIPファイル内の「resources/mibs」サブディレクトリ内に含める必要があります。また、必要に応じて「readme.txt」などのファイルもZIPファイルに含める必要があります。次の図は、統合パックのZIPファイルの構造の例です。