ファイバチャネルのBBクレジット ゼロ エラーのトラブルシューティング

ファイバチャネルでは、バッファ間クレジット(BBクレジット)を使用して転送フローが制御されます。クレジットの値は、ポートからフレームが送信されると減り、ポートが応答を受信すると補充されます。ポートのBBクレジットが補充されない場合は、転送フローに影響することがあります。ポートには、フレームを順番に組み立てて提供するまで、一時的にフレームを蓄えるためのメモリまたはバッファが必要です。このバッファの数はポートが保存可能なフレームの数であり、バッファ クレジットと呼ばれます。

特定のポートで使用できるクレジットが0に近づくと、「0になるとポートが受信を停止し、BBクレジットが再び補充されるまで再開しない」という内容の警告メッセージが表示されます。

Insightのパフォーマンス ポリシーでは、次のポート指標にしきい値を設定できます。

BB credit zero - Rx サンプリング期間中に受信のバッファ間クレジット数がゼロになった回数。
BB credit zero - Tx サンプリング期間中に送信のバッファ間クレジット数がゼロになった回数。
BB credit zero - Total 接続先のポートで提供可能なクレジットを使い果たしたために送信が中止された回数。
BB credit zero duration - Tx サンプリング期間中にTx BBクレジットがゼロだった時間(ミリ秒)。
BBクレジット エラーが発生する場合は、次の原因が考えられます。

ファイバチャネルの環境は、ファブリック、スイッチ、およびポート アセットのページを使用して監視できます。ポート アセットのページには、リソースの概要情報、トポロジ(デバイスとその接続)の情報、パフォーマンス グラフ、および関連するリソースの表が表示されます。ファイバチャネルの問題のトラブルシューティングを行う際は、各ポート アセットのパフォーマンス グラフで影響の大きいポートのトラフィックを確認すると便利です。ポート アセットのページでは、バッファ間クレジットの指標やポート エラーも確認できます。Insightには指標ごとに個別のパフォーマンス グラフが表示されます。