ダッシュボードの変数

ダッシュボードの変数を使用すると、ダッシュボードの複数のウィジェットでデータをすばやく簡単にフィルタできます。

開始する前に

この例では、[City]アノテーション(City属性)を複数のストレージ アセットに設定する手順を紹介します。

結果がはっきりわかるように、ストレージごとに異なる都市を設定します。

タスク概要

変数を使用すると、カスタム ダッシュボードの一部またはすべてのウィジェットでデータをすばやく簡単にフィルタできます。次の手順では、変数を使用するウィジェットを作成し、それらの変数をダッシュボードで使用する方法を示します。

手順

  1. 管理者権限を持つユーザとしてInsightにログインします。
  2. [Dashboards] > [+New Dashboard]をクリックします。
  3. ウィジェットを追加する前に、ダッシュボードのデータをフィルタするための変数を定義します。[Variable]ボタンをクリックします。
    属性のリストが表示されます。
  4. ここでは、「City」に基づいてフィルタするようにダッシュボードを設定します。リストから[City]属性を選択します。
    $city変数フィールドが作成され、ダッシュボードに追加されます。
  5. 次に、この変数を使用することをウィジェットに認識させる必要があります。[City]列が表示される表ウィジェットを追加する方法が最も簡単です。[Widget]ボタンをクリックし、[Table]ウィジェットを選択します。
  6. まず、[City]フィールドを表に追加するために、列のピッカーボタンから[City]を選択します。
    [City]はリスト タイプの属性であるため、過去に選択して定義した都市名がリストに表示されます。テキスト、ブーリアン、日付のタイプの属性を選択することもできます。
  7. 次に、[Filter by +]ボタンをクリックし、[City]を選択します。
  8. [City]で選択可能なフィルタを表示するために[Any]をクリックすると、 以前に選択可能だったフィルタに加え、リストの一番上に「$city」が表示されます。「$city」を選択して、このダッシュボードの変数として使用します。
    フィルタの選択肢として「$city」が表示されるのは、メインのダッシュボード ページで以前に定義したことがある場合のみです。この変数を以前に定義したことがない場合は、フィルタの既存の選択肢のみが表示されます。フィルタのドロップダウンに表示されるのは、選択した属性型に該当する変数のみです。

  9. ウィジェットを保存します。
  10. ダッシュボード ページで、変数$cityの隣にある[Any]をクリックして、表示する都市を選択します。
    表ウィジェットが更新され、選択した都市のみが表示されます。変数$cityの値は自由に変更でき、$cityを使用するように設定したダッシュボードのすべてのウィジェットが自動的に変更され、選択した変数のデータのみが表示されます。
  11. 設定が完了したら、必ずダッシュボードを保存してください。