主軸と第2軸の説明

第2軸を使用すると、測定単位が異なる2つの値セットの両方のデータを見やすく表示できます。

タスク概要

グラフに出力されるデータの測定単位は、指標ごとに異なります。たとえば、IOPSの測定単位は1秒あたりのI/O処理数(IO/s)であるのに対し、レイテンシは単純に時間(ミリ秒、マイクロ秒、秒など)で測定されます。これらの両方の指標を、Y軸で1つの値セットを示す1本線の折れ線グラフに出力すると、レイテンシの数値(通常は数ミリ秒単位)がIOPS(通常は数千単位)と同じ目盛りで表示されるため、レイテンシの線が見えなくなります。

1つの折れ線グラフでどちらのデータ セットもはっきり見えるようにするには、主軸(左側)のY軸に1つの測定単位を設定し、第2軸(右側)のY軸にもう1つの測定単位を設定します。これで、個々の指標がそれぞれの目盛りで出力されます。

手順

  1. ダッシュボードを作成するか、開きます。[line chart](折れ線グラフ)、[spline chart](スプライン グラフ)、[area chart](面グラフ)、または[stacked area chart](積み上げ面グラフ)ウィジェットをダッシュボードに追加します。
  2. アセット タイプ([Storage]など)を選択し、最初の指標として[IOPS - Total]を選択します。フィルタを設定し、必要に応じて集計方法を選択します。
    折れ線グラフにIOPSの線が出力され、左側に目盛りが表示されます。
  3. [+Add]をクリックして、グラフに2つ目の線を追加します。この線では、指標として[Latency - Total]を選択します。
    グラフの下部にこの指標の線が表示されます。これはIOPSの線と同じ目盛りを使用しているためです。
  4. [Latency]のクエリで、[Y-Axis: Secondary]を選択します。
    これでLatencyの線がLatency用の目盛りでグラフの右側に表示されます。