チャージバックで使用するアノテーションの定義

OnCommand Insightでのデータの追跡方法を会社の要件に合わせてカスタマイズするときは、アノテーションと呼ばれる特殊な注釈でデータの全体像を定義できます。たとえば、アセットの終了日、アセットが配置されているデータセンター、ストレージのGBあたりのコストを示すストレージ階層のアノテーションを定義できます。

タスク概要

このガイドのチャージバック レポートの例では、サービス レベルと階層レベルのデータを出力します。サービス レベルと階層レベルごとにアノテーションを作成してから、サービス レベルと階層レベルのコストを定義する必要があります。

手順

  1. Insight Web UIにログインします。
  2. [Manage] > [Annotations]をクリックします。
    アノテーション ページが表示されます。
  3. [Service Level]または[Tier]アノテーションにカーソルを合わせ、をクリックします。
    [Edit Annotation]ダイアログ ボックスが表示されます。
  4. [ADD]をクリックして、新しい階層とコストを追加します。
    レポートの例では、階層とサービス レベルの名前に「Gold」、「Sliver」、「Bronze」などのランクを使用します。実際の作業では、「階層1」、「レベル2」、「最高」など組織の命名規則に応じて自由に使用できます。
  5. 「Gold-Fast」、「Gold」、「Silver」、および「Bronze」の階層の値と、それぞれに関連付けるコストを入力します。
    ここで入力する値によって、アプリケーションが消費するストレージのGBあたりのコストが決まります。このサービス レベルのコストに、サービスの提供コストや顧客に提供するサービスの実際の料金を割り当てることもできます。これらのコストはチャージバック レポートに出力されます。
  6. 完了したら、[Save]をクリックします。