会社のビジネス エンティティの設定

会社の組織構造の各要素を把握しておくと、アセットの利用状況の追跡やコストの報告がしやすくなります。ここでは、会社のビジネス エンティティを設定する手順を説明します。

タスク概要

OnCommand Insightでは、ビジネス エンティティを最大4つのレベルの階層で定義できます。

Tenant(テナント)
主にサービス プロバイダがリソースを顧客に関連付けるために使用します。テナント レベルは、ISPが顧客のリソース使用状況を追跡する場合に必要です。
Line of Business(LOB:基幹業務部門)
社内の基幹業務や製品ラインを示します(例:データ ストレージ)。異なる製品ラインのデータを追跡する場合は、ビジネスの階層にLOBが必要です。
Business Unit(ビジネス ユニット)
法務やマーケティングなど、従来の事業部門を表します。ビジネス ユニットは、部門別にデータを追跡する必要がある場合に必要です。この階層レベルは、各部門で使用するリソースを区別するのに便利です。
Project(プロジェクト)
通常、容量のチャージバックの対象となるビジネス ユニット内の特定のプロジェクトを識別する目的で使用されます。たとえば、Legal部門であれば「Patents」、Marketing部門であれば「Sales Events」のような名前のプロジェクトがあります。レベル名にはスペースも使用できます。

次の図は、ビジネス エンティティの階層の例です。

ベストプラクティス:ビジネス エンティティごとにその階層を1行に入力した表を作成します。
Tenant Line of Business Business Unit Project
NetApp Inc. Data Storage Legal Patents
NetApp Inc. Data storage Marketing Sales Events
N/A N/A Safety and Security N/A
...      
注:会社の階層を作成する際に、必ずしもすべてのレベルを使用する必要はありません。使用しないレベルでは「N/A」を選択できます。

Insightでビジネス エンティティの階層を作成するには、次の手順を実行します。

手順

  1. 管理者権限を持つユーザとしてInsightにログインします。
  2. [Manage] > [Business entities]を選択します。
  3. [+Add]ボタンをクリックします。
  4. [Tenant]ボックス内をクリックして、テナント名を入力します。
    環境のテナントをすでに入力済みの場合は、既存のテナントのリストが表示されるので、リストから選択することができます。テナントがこのビジネス エンティティに該当しない場合は、「N/A」を選択することもできます。
  5. [Line of Business][Business Unit][Project]についても、同じ手順を繰り返します。
  6. [Save]をクリックします。

終了後の操作

ベストプラクティス:
  • ビジネスの階層を表に入力し、Insightのビューやレポートに表示したときに説明なしで内容がわかるかどうかを確認します。
  • アプリケーションを作成する前に、Insightでビジネス エンティティを作成します。
  • 各ビジネス エンティティに関連付けるアプリケーションをすべて特定して一覧にします。