会社のアプリケーションの設定

社内の環境で使用しているアプリケーションを把握しておくと、アセットの利用状況を追跡し、コストのレポートがしやすくなります。ここでは、社内のアプリケーションを設定して、それらを適切なアセットに関連付ける手順を説明します。

タスク概要

「会社のビジネス エンティティの設定」セクションでは、一部のビジネス エンティティを作成したあとに、各ビジネス エンティティに関連付けるすべてのアプリケーションをリストアップすることが推奨されています。OnCommand Insightでは、使用状況やコスト レポートなど、それらのアプリケーションに関連付けられているデータを追跡することができます。

環境で実行されているアプリケーションに関連付けられているデータを追跡するには、まずそれらのアプリケーションを定義し、適切なアセットと関連付けておく必要があります。アプリケーションを関連付けることができるアセットは、ホスト、仮想マシン、ボリューム、内部ボリューム、qtree、共有、およびハイパーバイザーです。

ここで紹介する手順では、マーケティング チームがExchange Eメールに使用している仮想マシンの使用状況を追跡します。これには、前の手順でビジネス エンティティを定義する際に作成した次の表を使用します。この表に列を1つ追加して、追加した列に各ビジネス エンティティが使用しているアプリケーションを入力してください (この表はあくまでも一例です。Insightのビジネス エンティティ表には「Applications」列は表示されません)。

Tenant Line of Business Business Unit Project Applications
NetApp Data Storage Legal Patents Oracle Identity Manager, Oracle On Demand, PatentWiz
NetApp Data storage Marketing Sales Events Exchange, Oracle Shared DataBase, BlastOff Event Planner
N/A N/A Safety and Security N/A N/A
...        

Insightでのアプリケーションの作成

手順

  1. 管理者権限を持つユーザとしてInsightにログインします。
  2. [Manage] > [Applications]を選択します。
  3. [+Add]ボタンをクリックします。
  4. アプリケーションの名前を入力します(「Exchange」など)。
  5. アプリケーションの優先順位を選択します。
  6. アプリケーションをビジネス エンティティに関連付ける場合は、[Business Entity]ドロップダウンから1つ選択します。関連付けない場合は、「None」のままにします。
  7. 各ホストがクラスタ内の同じボリュームにアクセスできるようにする場合は、[Validate volume sharing]チェック ボックスをオンにします。たとえば、ハイアベイラビリティ クラスタのホストは、多くの場合、フェイルオーバーのために同じボリュームにマスクする必要がありますが、関係のないアプリケーションのホストは通常同じ物理ボリュームにアクセスする必要はありません。また、セキュリティ上の理由から、関係のないアプリケーションによる同じ物理ボリュームへのアクセスが規制で明示的に禁止されている場合もあります。ボリュームの共有を使用しない場合は、[Validate volume sharing]チェック ボックスをオフにします。この機能を使用するには、Assureライセンスが必要になります。
  8. [Save]をクリックします。
  9. 環境内の他のすべてのアプリケーションについても、同じ手順を繰り返します。

終了後の操作

この例では、マーケティング チームはExchangeアプリケーションを使用しています。ストレージの追加がいつ必要になるかを予測するには、Exchangeによる仮想マシンの使用状況を知る必要があります。そのためには、Exchangeアプリケーションをマーケティング チームのすべてのVMに関連付けます。関連付けには、クエリを使用するのが最も簡単な方法です。

次の手順を実行すると、個々のアプリケーションを適切なアセットに関連付けることができます。

アセットへのアプリケーションの関連付け

前の手順で作成したアプリケーション(一部はビジネス エンティティに関連付けられている)を、今度は環境内のアセットと関連付けます。この例では、Exchangeアプリケーションを社内の多数の仮想マシンと関連付けます。関連付けには、クエリを使用するのが最も簡単な方法です。

  1. [Queries] > [+New query]を選択します。
  2. [Select Resource Type]ドロップダウンで、[Virtual Machine]を選択します。
  3. ここでは、マーケティング チームが自分たちのアセット名に文字列「_mktg_」を付加していると仮定します。[Name]フィルタ ボックスに「_mktg_」(引用符なし)と入力し、適用ボタン(チェックマーク)をクリックします。
  4. 「_mktg_」の文字列が付いたすべてのVMが一覧表示されます。
  5. 必要に応じて、[More]ドロップダウンをクリックし、さらにフィルタを追加します。
  6. Exchangeに使用しているVMを選択します。特定のVMを選択する場合はそのVM名の隣のチェック ボックスをクリックし、すべてのVMを選択する場合は列の上部のチェック ボックスをクリックします。
  7. 目的のVMを選択したら、[Actions]ボタンをクリックし、[Add Application]を選択します。
  8. [Assign Application]ダイアログ ボックスで、[Application]ドロップダウンをクリックし、「Exchange」を選択します。
  9. [Save]をクリックします。
  10. 必要に応じて、Exchangeアプリケーションを関連付ける他のアセット(ホスト、ボリュームなど)についても、同じ手順を繰り返します。