データセンターのアノテーションの設定

データセンターのアノテーションは、通常ストレージ アレイ、スイッチ、物理ホストのアセットをデータセンターの場所に関連付けるときに使用します。データセンターのアノテーションを環境内の他のアセットと関連付けることもできます。

手順:

データセンターのアノテーションの例:
Name Description
DC1_SVL Sunnyvale Bldg 1
DC2_SVLb3 SVL Bldg3 ENG
DC3_NY New York
DC4_London London
...  
Insightには、ニーズに合わせて値を定義、変更できるアノテーション タイプがいくつか組み込まれています。これらのデフォルトのアノテーション タイプは、Insight Web UIだけでなく、レポート作成でも常時使用可能です。新しく作成したカスタム アノテーションは、Insight Web UIには表示されますが、レポート作成で使用する場合は追加の作業が必要になります。レポートにカスタム アノテーションを含める方法の詳細については、 ネットアップのカスタマー サポート担当者にお問い合わせください。
注:ユーザによっては、アセットの場所の設定にデータセンターのアノテーションではなく国のアノテーションを使用する、あるいは国のアノテーションをデータセンターのアノテーションと組み合わせて使用したいと考えるかもしれません。ただし、国のアノテーションはInsight Data Warehouseではカスタムのアノテーション タイプとして処理されるため、レポート作成時にはデータセンターほど細かい情報が表示されない場合があります。