異常検出ソフトウェアの要件

異常検出ソフトウェアの使用に際しては、オペレーティング システム、メモリ容量、CPUコア、およびディスク スペースに関して一定の要件があります。異常検出ソフトウェアをインストールするには、それらの要件を満たす必要があります。

コンポーネント 要件
オペレーティング システム ライセンス版のRed Hat Enterprise Linux 7.0(7.2を推奨)またはCentOS 7.2を実行しているコンピュータ。他のアプリケーションレベルのソフトウェアを実行していないコンピュータを使用してください。

ライセンス版では、インストールに必要な要素がオペレーティング システムによって自動的に解決されます。

専用のサーバを用意することを推奨します。

仮想マシン(VM) 異常検出は、RAMの予約が可能な環境であれば、仮想マシンでも実行できます。
メモリとCPU 8コア、32GBのメモリを搭載したサーバ。
必要なディスク スペース
サーバに、次のようにパーティショニングされた200GBの空きディスク スペースが必要です。
  • 150GB:/var/lib
  • 25GB:/var/log
  • 25GB:/opt
ソフトウェアをインストールするには、次のディスク スペースが必要です。
  • 5GB:/var/lib
  • 25GB:/var/log
  • 25GB:/opt

/opt /varをルート ファイルシステム(/)とは別のディスクにマウントすることを推奨します。

権限 異常検出ソフトウェアをインストールするには、sudo権限が必要です。
ネットワーク 異常検出ソフトウェアをインストールするInsightサーバは、異常検出エンジンを実行しているサーバと同じネットワーク、もしくは少なくとも同じサイトまたはデータセンターに配置する必要があります。

異常検出ソフトウェアでは、広域ネットワーク(WAN)の構成はサポートされません。

VMのTCPポート8080および9200が開いている必要があります。

前提条件 有効なPerformライセンスが必要です。

異常検出ソフトウェアをインストールするInsight ServerのIPアドレスを把握している必要があります。

デフォルト以外のポートを使用する場合は、Insight Server上の別のポート番号を使用する必要があります。

VMのTCPポート8080および9200が開いている必要があります。

VMに対する管理者権限があるアカウントのユーザ名とパスワードが必要です。

バックスラッシュを含むユーザ名(company\user)を指定する場合は、バックスラッシュを2つ入力する(company\\user)必要があります。

ユーザ名でバックスラッシュの次の文字を「t」にする(company\\tom)ことはできません。

重要:サイジングに関するすべての推奨事項について、ネットアップの担当者に必ず相談してください。