イーサネット監視用のLinuxヒュージ ページ サポートの設定

Ethernet Monitoring Unitには、メモリ用のLinuxヒュージ ページが必要です。ヒュージ ページはブート時に割り当てる必要があります。

開始する前に

Ethernet Monitoring Unit(EMU)ホストでの sudo 権限が必要です(sudo suを実行できるよう設定することを推奨します)。

タスク概要

カーネルのブート オプションの hugepages=$NumberOfPagesを有効にする必要があります。これには、$NumberOfPages=128*InterfaceCountという式を使用します。InterfaceCountは、EMUが監視するインターフェイスの数です。

手順

  1. 次のコマンドを使用して、hugepagesを有効にします。 $ sudo echo "vm.nr_hugepages=128" >> /etc/sysctl.conf $ sudo sysctl -p $ sudo reboot
  2. 次のコマンドを使用して、変更が適用されたかどうかを確認します。 sudo cat /proc/sys/vm/nr_hugepages
    このシステムではカーネルが割り当てることができたページ数が表示されます。