異常検出ソフトウェアのインストール

OnCommand Insightには、機械学習に基づいてInsightデータの異常を検出するソフトウェアが含まれています。このソフトウェアは、他のOnCommand Insight製品とは別にインストールできます。

開始する前に

インストールの前提条件をすべて満たしておく必要があります。

手順

  1. sudo権限があるアカウントで異常検出サーバにログインします。
  2. 異常検出ソフトウェアが含まれている.zipファイルをLinuxサーバにコピーします。
  3. oci-prelert-<version>-linux-x86_64ディレクトリにファイルを抽出します。
  4. インストーラが格納されているディレクトリに移動します。 cd oci-prelert-<version>-linux-x86_64
  5. 異常検出ソフトウェアをインストールします。 sudo ./oci-prelert-install.sh
    インストールの実行時に、OnCommand Insight Serverのサーバ名またはIPアドレス、および管理者権限があるアカウントのユーザ名とパスワードを入力するように求められます。
    異常検出ソフトウェアを削除する場合は、次のコマンドを使用します。 sudo /usr/bin/oci-prelert-uninstall.sh

タスクの結果

インストール時に指定したOnCommand Insightのインスタンスに異常検出ソフトウェアが自動的に登録されます。異常検出ソフトウェアは登録先のOnCommand Insightインスタンスとのみ通信でき、1台のOnCommand Insight Serverに登録できる異常検出ソフトウェアのインスタンスは1つだけです。

異常検出ソフトウェアを実行しているサーバかInsight Serverを再起動すると、異常検出プロセスが自動的に再開されます。

注:インストール時に表示される指示に従ってパラメータを指定するのではなく、コマンド ラインでパラメータを指定して異常検出エンジンをインストールする場合は、次のパラメータを指定しないと、Insightサーバへの登録が失敗します。 --path rest/v1