Windows Server 2008 R2でのユーザ アカウント制御(UAC)の無効化

UACが有効になっていると、Microsoft Windows Server 2008 R2へのインストールが失敗することがあります。この問題はUACを無効にすると解決できます。

タスク概要

UACを無効にしないと、Windows Server 2008 R2へのOnCommand Insightのインストールが失敗し、「この Windows インストーラ パッケージには問題があります。セットアップの一部として実行されるプログラムが正しく完了しませんでした」というメッセージが表示されることがあります。
注:この問題は、OnCommand Insight Scrubユーティリティのインストールに関係している可能性があります。この機能の詳細については、「サポートに転送するデータのスクラビング」を参照してください。

手順

  1. Microsoft Windowsの[コントロール パネル] > [ユーザー アカウント]に移動します。
  2. [ユーザー アカウント制御]をオフにします。
  3. [ユーザー アカウント制御 (UAC) を使ってコンピュータの保護に役立たせる]チェック ボックスをオフにします。
  4. コンピュータをリブートします。
  5. OnCommand Insightをインストールします。
  6. インストールが完了したら、UACを再度有効にします。