カスタム レポートを計画する方法

レポート設計ツールであるReport StudioまたはWorkspace Advancedを開く前に、必要とするレポートについて計画する必要があります。これらのレポート オーサリング ツールではレポートを簡単に作成できるため、詳細な計画は必要ないかもしれませんが、レポートを必用としている担当者にレポートの要件について確認しておくことを推奨します。