サンプル レポートの作成:データセンターおよび階層別の容量利用率

Workspace Advancedを使用してレポートを作成できます。この例では、「Storage and Storage Pool Capacity」データ モデルを使用してレポートを作成し、データセンター別および階層別の容量の分布を表示します。

タスク概要

次のレポートを作成します。

次の手順を実行します。

手順

  1. OnCommand Insight Reportingポータルにアクセスします。
  2. 右上にある[Launch]メニューから、[Cognos Workspace Advanced]を選択します。
  3. Packagesフォルダ内のパッケージのリストから、[Storage and Storage Pool Capacity]を選択します。
  4. Cognos Workspace Advancedのランディング ページで、[Create New]を選択します。
  5. 事前定義済みのレポートのレイアウトから、[List]を選択し、[OK]をクリックします。
  6. Storage and Storage Pool Capacityパッケージから[Physical Capacity]を展開します。

  7. [Data Center]を展開し、リストに[Data Center]をドラッグします。

  8. [Tier]を展開し、[Tier]もリストにドラッグします。

  9. [Capacity (TB)]を展開し、[Capacity (TB)]、[Used Capacity (TB)]、[Volume Capacity (TB)]、[Internal Volume Allocated Capacity (TB)]をリストにドラッグします。

  10. 最新の日付でフィルタを適用するには、リストに[Latest Date]をドラッグします。

  11. レポートのタイトルを変更して保存します。