[Topology]ページでのカスタム プラグイン リソースに関連するバックアップとクローンの表示

リソースのバックアップまたはクローニングを準備する際に、プライマリ ストレージとセカンダリ ストレージ上のすべてのバックアップとクローンの図を表示すると役に立ちます。[Topology]ページでは、選択したリソースまたはリソース グループに使用できるバックアップとクローンをすべて表示できます。これらのバックアップとクローンの詳細を参照し、対象を選択してデータ保護処理を実行できます。

タスク概要

プライマリ ストレージまたはセカンダリ ストレージ(ミラー コピーまたはバックアップ コピー)にバックアップとクローンがあるかどうかは、[Manage Copies]ビューの次のアイコンで確認できます。

注:mirror-vaultタイプのボリュームにあるバージョンに依存しないミラーのバックアップのクローンもトポロジ ビューに表示されますが、トポロジ ビューのミラー バックアップの数には、バージョンに依存しないバックアップが含まれません。

手順

  1. 左側のナビゲーション ペインで、[Resources]をクリックし、ドロップダウン リストから適切なプラグインを選択します。
  2. [Resources]ページで、[View]ドロップダウン リストからリソースまたはリソース グループを選択します。
  3. リソースの詳細ビューまたはリソース グループの詳細ビューで、リソースを選択します。
    リソースが保護されている場合は、選択したリソースのトポロジ ページが表示されます。
  4. [Summary Card]で、プライマリ ストレージとセカンダリ ストレージ上にあるバックアップとクローンの数の概要を確認します。
    [Summary Card]セクションには、バックアップとクローンの総数が表示されます。
    更新ボタンをクリックすると、ストレージのクエリが実行されて正確な数が表示されます。
  5. [Manage Copies]ビューで、プライマリ ストレージまたはセカンダリ ストレージの[Backups]または[Clones]をクリックして、バックアップまたはクローンの詳細を表示します。
    バックアップとクローンの詳細が表形式で表示されます。
  6. 表でバックアップを選択し、データ保護アイコンをクリックして、リストア、クローニング、名前変更、削除の各処理を実行します。
    注:セカンダリ ストレージ システム上のバックアップは、名前変更または削除できません。

    プライマリ ストレージ システムにあるバックアップは名前を変更できません。

  7. クローンを削除する場合は、表でクローンを選択し、をクリックして削除します。