ストレージ クラスを含まないInfinite Volumeを備えたSVMのセットアップと監視

Infinite Volumeを備えたStorage Virtual Machine(SVM)をセットアップして監視するには、OnCommand Workflow Automation(WFA)とUnified Managerを使用する必要があります。WFAを使用してInfinite Volumeを備えたSVMを作成し、Unified Managerを使用してInfinite Volumeを監視する必要があります。必要に応じて、Infinite Volumeに対してデータ保護を設定できます。

開始する前に

次の要件を満たす必要があります。

タスク概要

手順

  1. WFAプロシージャのアイコンInfinite Volumeを備えたSVMを作成し、適切なワークフローを使用してInfinite Volumeを作成します。
    Infinite Volumeを作成する際に、重複排除や圧縮などのStorage Efficiencyテクノロジを有効にすることができます。
  2. Unified ManagerプロシージャのアイコンInfinite Volumeを備えたSVMが含まれるクラスタをUnified Managerデータベースに追加します。
    クラスタを追加するには、クラスタのIPアドレスまたはFQDNを指定します。
  3. Unified Managerプロシージャのアイコン組織の要件に基づいて、SVM上のInfinite Volumeのしきい値を変更します。
    ヒント:Infinite Volumeのデフォルトのしきい値設定を使用する必要があります。
  4. Unified ManagerプロシージャのアイコンInfinite Volumeに関連する可用性と容量の問題に対応するための通知アラートとトラップを設定します。
  5. オプション: WFAプロシージャのアイコンInfinite Volumeを備えたディザスタ リカバリ(DR)用のSVMを作成し、次の手順でデータ保護(DP)を設定します。
    1. 適切なワークフローを使用して、DP用のInfinite Volumeを作成します。
    2. 適切なワークフローを使用して、ソースとデスティネーションの間にDPミラー関係を設定します。