ストレージ フェイルオーバー インターコネクト リンクの停止状態のスキャンと解決

このワークフローでは、ストレージ フェイルオーバー インターコネクト リンクの停止状態をスキャンし、評価して解決する方法の例を示します。このシナリオでは、管理者が、ノードでONTAPバージョンのアップグレードを開始する前にUnified Managerを使用してストレージ フェイルオーバーのリスクがないかをスキャンします。

開始する前に

オペレータ、OnCommand管理者、またはストレージ管理者のロールが必要です。

タスク概要

無停止アップグレードの実行中にHAペア ノード間のストレージ フェイルオーバー インターコネクトで障害が発生すると、アップグレードは失敗します。このため、一般的には、管理者がアップグレードの開始前にアップグレード対象のクラスタ ノードでストレージ フェイルオーバーの信頼性を監視して確認します。

手順

  1. ストレージ フェイルオーバーの問題に関連する最近の可用性イベントの有無を確認するには、[ダッシュボード/概要]ページで[可用性インシデント]セクションと[可用性リスク]リストを調べます。
  2. ストレージ フェイルオーバーの問題に関連するすべての可用性イベントを詳しく確認するには、次の手順を実行します。
    1. [ダッシュボード/概要]ページ[可用性インシデント]リンクをクリックします。
      [イベント]インベントリ ページに、監視対象クラスタでのイベントがすべて表示されます。
    2. [イベント]インベントリ ページで、[フィルタ]列の[インシデント]オプションと[リスク]オプションを選択します。
    3. [イベント]インベントリ ページの[名前]列の最上部で列フィルタのアイコンをクリックし、テキスト ボックスに「*failover」と入力して、表示対象をストレージ フェイルオーバー関連のイベントに限定します。
      ストレージ フェイルオーバーの状態に関連する過去のイベントがすべて表示されます。
      このシナリオでは、Unified Managerの[可用性インシデント]セクションに「ストレージ フェイルオーバー インターコネクトの 1 つ以上のリンクが停止」イベントが表示されます。
  3. [ダッシュボード/概要]ページまたは[イベント]インベントリ ページに、ストレージ フェイルオーバーに関連するイベントが1つ以上表示された場合は、次の手順を実行します。
    1. イベント タイトルのリンクをクリックして、そのイベントの詳細情報を表示します。
      この例では、イベント タイトル「ストレージ フェイルオーバー インターコネクトの 1 つ以上のリンクが停止」をクリックします。
      このイベントの[イベントの詳細]ページが表示されます。
    2. [イベントの詳細]ページで、次のタスクを1つ以上実行します。