フラッシュ カードのオフライン状態の解決

このワークフローでは、フラッシュ カードのオフライン状態を解決する方法の例を示します。このシナリオでは、管理者またはオペレータが、ダッシュボードを監視して可用性に問題が生じていないかを確認します。フラッシュ カードがオフライン状態であることを確認し、問題の考えられる原因と解決策を特定します。

開始する前に

オペレータ、OnCommand管理者、またはストレージ管理者のロールが必要です。

タスク概要

Unified Manager[ダッシュボード/概要]ページの[可用性]領域に表示されるイベント情報とリンクによって、監視対象クラスタ上のデータ ストレージ リソースの全体的な可用性を監視し、可用性に影響する可能性がある特定のイベントを診断することができます。

このシナリオでは、[ダッシュボード/概要]ページの[可用性インシデント]セクションに「フラッシュ カードはオフライン」イベントが表示されます。フラッシュ カードがオフラインであると、カードが取り付けられているクラスタ ノードのパフォーマンスが低下するため、保存されたデータの可用性が損なわれます。潜在的な問題を突き止めるには、次の手順を実行します。

手順

  1. [未解決のインシデントとリスク]セクションの[可用性]パネルで、「フラッシュ カードはオフライン」に表示されているハイパーテキスト リンクをクリックします。
    可用性インシデントの[イベントの詳細]ページが表示されます。
  2. [イベントの詳細]ページで、[原因]フィールドに表示される情報を確認し、次のタスクを1つ以上実行します。