テンプレートを使用したルールの作成

Unified Managerで定義されているルール テンプレートを使用して新しいルールを追加することで、Infinite Volumeを備えたSVMに書き込まれるデータの配置を決めることができます。ファイル タイプ、ディレクトリ パス、または所有者に基づいてルールを作成できます。

開始する前に

タスク概要

[データ ポリシー]タブは、Infinite Volumeを備えたSVMの場合のみ表示されます。

手順

  1. 左側のナビゲーション ペインで、 [健全性] > [SVM]をクリックします。
  2. [健全性/Storage Virtual Machine]インベントリ ページで、適切なSVMを選択します。
  3. [データ ポリシー]タブをクリックします。
    選択したInfinite Volumeを備えたSVMのデータ ポリシーに含まれるルールのリストが表示されます。
  4. [作成]をクリックします。
  5. [ルールの作成]ダイアログ ボックスで、ドロップダウン リストから適切なルール テンプレートを選択します。
    テンプレートは、ファイル タイプ、所有者、ディレクトリ パスの3つのカテゴリに基づいています。
  6. 選択したテンプレートに基づいて、[一致条件]領域で必要な条件を追加します。
  7. [一致するコンテンツをストレージ クラスに配置]ドロップダウン リストから適切なストレージ クラスを選択します。
  8. [作成]をクリックします。
    作成した新しいルールが[データ ポリシー]タブに表示されます。
  9. オプション: データ ポリシーに対して行った他の変更を確認します。
  10. [アクティブ化]をクリックして、ルールのプロパティの変更をSVMでアクティブ化します。