イベントへの確認応答と解決

イベントを生成した問題に対処する前に、アラート通知が繰り返し送信されないようにイベントに確認応答する必要があります。特定のイベントに対処したら、そのイベントを解決済みとしてマークします。

開始する前に

オペレータ、OnCommand管理者、またはストレージ管理者のロールが必要です。

タスク概要

同時に複数のイベントに確認応答して解決することができます。

注:情報イベントに確認応答することはできません。

手順

  1. 左側のナビゲーション ペインで、 [イベント]をクリックします。
  2. イベントのリストで、次のいずれかを実行してイベントに応答します。
    状況 操作
    単一のイベントに確認応答して解決済みとしてマークする
    1. イベント名をクリックします。
    2. [イベントの詳細]ページで、イベントの原因を特定します。
    3. [確認]をクリックします。
    4. 適切な方法で対処します。
    5. [解決済みとしてマーク]をクリックします。
    複数のイベントに確認応答して解決済みとしてマークする
    1. それぞれの[イベントの詳細]ページで、イベントの原因を特定します。
    2. イベントを選択します。
    3. [確認]をクリックします。
    4. 適切な方法で対処します。
    5. [解決済みとしてマーク]をクリックします。
    解決済みとしてマークされたイベントは、解決済みイベントのリストに移動します。
  3. オプション: [メモと更新]領域で、イベントの対処方法に関するメモを追加し、[投稿]をクリックします。