ボリュームのオフライン状態の原因がアグリゲート内の破損ディスクであるかどうかの判別

Unified Manager Web UIを使用して、ボリュームがオフラインになっている原因が、RAIDディスクの問題によりそのホスト アグリゲートがオフラインになったためであるかどうかを確認することができます。

開始する前に

オペレータ、OnCommand管理者、またはストレージ管理者のロールが必要です。

タスク概要

ボリュームのオフライン状態の原因が、RAIDディスクの問題によりホスト アグリゲートがオフラインになったためであるかどうかを判別するには、次の手順を実行します。

手順

  1. [健全性 / ボリュームの詳細]ページ[関連デバイス]ペインで、[アグリゲート]の下に表示されるハイパーテキスト リンクを探してクリックします。
    [健全性/アグリゲートの詳細]ページに、ホスト アグリゲートのステータスがオンラインかオフラインかが表示されます。アグリゲートのステータスがオンラインである場合、ボリュームがオフラインになっている原因はRAIDディスクの問題ではありません。
  2. アグリゲートのステータスがオフラインである場合は、[ディスク情報]をクリックし、[ディスク情報]タブ[イベント]リストで破損ディスク イベントを探します。
  3. 破損ディスクを詳しく特定するために、[関連デバイス]ペインの[クラスタ]の下に表示されるハイパーテキスト リンクをクリックします。
    [健全性/クラスタの詳細]ページが表示されます。
  4. [ディスク]をクリックし、[フィルタ]ペイン[破損]を選択して、破損状態のディスクをすべて表示します。
    破損状態のディスクがホスト アグリゲートのオフライン状態の原因である場合は、[影響を受けるアグリゲート]列にアグリゲートの名前が表示されます。

終了後の操作

ボリュームのオフライン状態の原因が、RAIDディスクの破損とそれによるホスト アグリゲートのオフライン状態であることを確認したら、適切な管理者またはオペレータに連絡し、手動による破損ディスクの交換とアグリゲートをオンラインに戻す処理を依頼します。