SAML認証に使用するアイデンティティ プロバイダの変更

Unified Managerでリモート ユーザの認証に使用するアイデンティティ プロバイダ(IdP)を変更することができます。

開始する前に

タスク概要

新しいIdPの設定は、Unified Managerの設定前にも設定後にも実行できます。

手順

  1. ツールバーでをクリックし、左側の[セットアップ]メニューで[認証]をクリックします。
  2. [セットアップ/認証]ページで、[SAML 認証]タブを選択します。
  3. 新しいIdPのURIとUnified ManagerサーバをIdPに接続するために必要なIdPメタデータを入力します。
    IdPにUnified Managerサーバから直接アクセスできる場合は、IdPのURLを入力したあとに[IdP メタデータの読み込み]をクリックすると、[IdP メタデータ]フィールドに情報が自動的に入力されます。
  4. Unified ManagerのメタデータURIをコピーするか、メタデータをXMLテキスト ファイルに保存します。
  5. [設定を保存]をクリックします。
    設定を変更するかどうかの確認を求めるメッセージ ボックスが表示されます。
  6. [OK]をクリックします。

終了後の操作

新しいIdPにアクセスし、Unified ManagerサーバのURIとメタデータを入力して設定を完了します。

許可されたリモート ユーザがUnified Managerのグラフィカル インターフェイスにアクセスする際にクレデンシャルを入力するページが、次回から古いIdPのログイン ページではなく新しいIdPのログイン ページに変わります。