データベース バックアップの設定

Unified Managerのデータベース バックアップ設定で、データベースのバックアップ パス、保持数、およびバックアップ スケジュールを設定できます。日単位または週単位のスケジュールされたバックアップを有効にすることができます。デフォルトでは、スケジュールされたバックアップは無効になっています。

開始する前に

タスク概要

初回のバックアップではフル バックアップが実行されるため、2回目以降のバックアップよりも時間がかかります。フル バックアップは1GBを超えることもあり、3~4時間かかる場合があります。2回目以降は増分バックアップとなるため、所要時間は短くなります。

手順

  1. ツールバーでをクリックし、[管理] > [データベース バックアップ]をクリックします。
  2. [管理/データベース バックアップ]ページで、[操作] > [データベース バックアップ設定]をクリックします。
  3. バックアップ パスと保持数の値を設定します。
    保持数のデフォルト値は10です。バックアップを無制限に作成する場合は0に設定します。
  4. [スケジュール頻度]セクションで、[有効化]チェックボックスをオンにし、日単位または週単位のいずれかのスケジュールを指定します。
    毎日
    このオプションを選択する場合は、バックアップを作成する時刻を24時間形式で入力する必要があります。たとえば、18:30と指定すると、毎日午後6:30にバックアップが作成されます。
    毎週
    このオプションを選択する場合は、バックアップを作成する時刻と曜日を指定する必要があります。たとえば、曜日を月曜日、時刻を16:30と指定すると、毎週月曜日の午後4:30にバックアップが作成されます。
  5. [保存して閉じる]をクリックします。