メンテナンス コンソールからのSAML認証の無効化

Unified Manager GUIにアクセスできない場合は、必要に応じてメンテナンス コンソールからSAML認証を無効にすることができます。この状況は、設定に誤りがある場合やIdPにアクセスできない場合に発生します。

開始する前に

メンテナンス コンソールにメンテナンス ユーザとしてアクセスする必要があります。

タスク概要

SAML認証が無効な場合は、Active DirectoryやLDAPなどの設定済みのディレクトリ サービス プロバイダによるサインオン認証が行われます。設定されているリモート ユーザに加え、ローカル ユーザとメンテナンス ユーザもグラフィカル ユーザ インターフェイスにアクセスできるようになります。

SAML認証は、UIの[セットアップ/認証]ページからも無効にできます。

注:SAML認証を無効にしたあと、Unified Managerが自動的に再起動されます。

手順

  1. メンテナンス コンソールにログインします。
  2. [Main Menu]で、[Disable SAML authentication]オプションの番号を入力します。
    SAML認証を無効にしてUnified Managerを再起動することの確認を求めるメッセージが表示されます。
  3. y」と入力し、Enterキーを押してUnified Managerを再起動します。

タスクの結果

リモート ユーザがUnified Managerのグラフィカル インターフェイスにアクセスする際にクレデンシャルを入力するページが、次回からIdPのログイン ページではなくUnified Managerのログイン ページに変わります。

終了後の操作

必要に応じて、IdPにアクセスしてUnified ManagerサーバのURIとメタデータを削除します。