[健全性 / ボリュームの詳細]ページでの保護関係の再同期

SnapMirror関係やSnapVault関係を解除してデスティネーションが読み書き可能になったあとに、ソースのデータとデスティネーションのデータが一致するようにデータを再同期することができます。再同期は、必要な共通のSnapshotコピーがソース ボリュームで削除されたためにSnapMirrorやSnapVaultの更新が失敗する場合にも実行することがあります。

開始する前に

手順

  1. [健全性 / ボリュームの詳細]ページ[保護]タブで、トポロジから再同期する保護関係を探して右クリックします。
  2. メニューから[再同期]を選択します。
    現在詳細を表示している関係を再同期する場合は、[操作]メニューから[関係] > [再同期]を選択します。
    [再同期]ダイアログ ボックスが表示されます。
  3. [再同期オプション]タブで、転送の優先度と最大転送速度を選択します。
  4. [ソース Snapshot コピー]をクリックし、[Snapshot コピー]列で[デフォルト]をクリックします。
    [ソース Snapshot コピーの選択]ダイアログ ボックスが表示されます。
  5. デフォルトのSnapshotコピーを転送する代わりに既存のSnapshotコピーを指定する場合は、[既存の Snapshot コピー]をクリックし、リストからSnapshotコピーを選択します。
  6. [送信]をクリックします。
    [再同期]ダイアログ ボックスに戻ります。
  7. 再同期するソースを複数選択した場合は、既存のSnapshotコピーを指定する次のソースの[デフォルト]をクリックします。
  8. [送信]をクリックして再同期ジョブを開始します。
    再同期ジョブが開始されると、[健全性 / ボリュームの詳細]ページに戻り、ページの上部にジョブのリンクが表示されます。
  9. オプション: [健全性 / ボリュームの詳細]ページ[ジョブを表示]をクリックし、各再同期ジョブのステータスを追跡します。
    フィルタリングされたジョブのリストが表示されます。
  10. オプション: ブラウザの[戻る]矢印をクリックして[健全性 / ボリュームの詳細]ページに戻ります。
    すべてのタスクが正常に完了すれば再同期ジョブは終了です。