[System Configuration]メニュー

[System Configuration]メニューには、仮想アプライアンスを管理するためのさまざまなオプションが用意されています(サーバ ステータスの表示、仮想マシンのリブートとシャットダウンなど)。

注:Unified ManagerがRed Hat Enterprise Linux、CentOS、またはMicrosoft Windowsにインストールされている場合は、[System Configuration]メニューを使用できません。

表示されるメニュー項目は次のとおりです。

Display Server Status
現在のサーバ ステータスを表示します。ステータスには「Running」と「Not Running」があります。

サーバが実行されていない場合は、テクニカル サポートに連絡することを推奨します。

Reboot Virtual Machine
すべてのサービスを停止して仮想マシンをリブートします。リブート後、仮想マシンとサービスが再起動します。
Shut Down Virtual Machine
すべてのサービスを停止して仮想マシンをシャットダウンします。

このオプションは、仮想マシン コンソールからのみ選択できます。

Change <logged in user> User Password
現在ログインしているユーザ(メンテナンス ユーザ)のパスワードを変更します。
Increase Data Disk Size
仮想マシンのデータ ディスク(ディスク3)のサイズを拡張します。
Increase Swap Disk Size
仮想マシンのスワップ ディスク(ディスク2)のサイズを拡張します。
Change Time Zone
タイムゾーンを現在の場所に変更します。
Change NTP Server
NTPサーバの設定を変更します(IPアドレスや完全修飾ドメイン名(FQDN)など)。
Restore from an OCUM Backup
以前にバックアップしたバージョンからUnified Managerデータベースと設定をリストアします。
Reset Server Certificate
サーバ セキュリティ証明書をリセットします。
Change hostname
仮想アプライアンスがインストールされているホストの名前を変更します。
Back
[System Configuration]メニューを終了して[Main Menu]に戻ります。
Exit
メンテナンス コンソール メニューを終了します。