フェイルオーバー クラスタリング環境でのUnified Managerのセットアップ

フェイルオーバー クラスタリングを使用してUnified Managerをハイアベイラビリティ構成にすることができます。ハイアベイラビリティ構成にするとフェイルオーバー機能を利用できます。

この構成では、1つのノードがすべてのクラスタ リソースを所有します。一方のノードが停止したり、設定されているいずれかのサービスがオンラインにならない状況が発生すると、そのことがフェイルオーバー クラスタ サービスによって検知され、もう一方のノードにただちに制御が切り替えられます。2つ目のノードがアクティブになり、サービスの提供を開始します。フェイルオーバー プロセスは自動で実行されるため、手動の操作は必要ありません。

Unified Managerサーバで設定したフェイルオーバー クラスタは2つのノードで構成され、各ノードで同じバージョンのUnified Managerサーバが実行されます。Unified Managerサーバのすべてのデータに共有データ ディスクからアクセスできるように設定する必要があります。