WindowsからのUnified Managerのアンインストール

WindowsからUnified Managerをアンインストールする場合は、[プログラムと機能]ウィザードを使用するか、コマンドライン インターフェイスから無人アンインストールを実行します。

開始する前に

手順

  1. ハイアベイラビリティ構成の場合は、Unified Managerをアンインストールする前に、両方のノードからHAサービス グループのリソースを削除してHAサービス グループを削除します。
  2. 次のいずれかを実行してUnified Managerをアンインストールします。
    Unified Managerをアンインストールする方法 操作
    [プログラムと機能]ウィザード
    1. [コントロール パネル] > [プログラムと機能]に移動します。
    2. OnCommand Unified Managerを選択し、[アンインストール]をクリックします。
    コマンドライン
    1. 管理者権限でWindowsのコマンドラインにログインします。
    2. OnCommand Unified Managerディレクトリに移動し、次のコマンドを実行します。msiexec /x {A78760DB-7EC0-4305-97DB-E4A89CDFF4E1} /qn /l*v %systemdrive%\UmUnInstall.log
    サーバでユーザ アカウント制御(UAC)が有効になっていて、ドメイン ユーザとしてログインしている場合は、コマンドラインによるアンインストールを実行する必要があります。
    Unified Managerがシステムからアンインストールされます。
  3. Unified Managerのアンインストール時に削除されない次のサードパーティ パッケージとデータをアンインストールします。
    • サードパーティ パッケージ:JRE、MySQL、Microsoft Visual C++ 2015再頒布可能パッケージ、7zip
    • Unified Managerによって生成されたMySQLのアプリケーション データ
    • アプリケーション ログとアプリケーション データ ディレクトリのデータ