LinuxでのMySQLのアップグレード

Unified ManagerがインストールされているLinuxサーバでMySQLを新しいバージョンにアップグレードすることで、セキュリティの脆弱性に対する修正を入手できます。

開始する前に

Unified ManagerがインストールされているLinuxシステムに対するroot権限が必要です。

タスク概要

MySQL 5.7のマイナー バージョン(5.7.1、5.7.2など)へのアップグレードのみを実行できます。MySQLのメジャー バージョン(バージョン5.8など)にアップグレードすることはできません。

手順

  1. Unified Managerホスト マシンにrootユーザとしてログインします。
  2. MySQL Community Serverの最新の.rpmバンドルをターゲット システムにダウンロードします。
  3. バンドルをターゲット システム上のディレクトリに展開します。
  4. 展開したバンドルには複数の.rpmパッケージが含まれていますが、 Unified Managerで必要とされるのは次のrpmパッケージのみになります。
    • mysql-community-client-5.7.x
    • mysql-community-libs-5.7.x
    • mysql-community-server-5.7.x
    • mysql-community-common-5.7.x
    • mysql-community-libs-compat-5.7.x
    その他のすべての.rpmパッケージを削除します。rpmバンドル内のすべてのパッケージをインストールしても、問題が発生することはありません。
  5. Unified Managerサービスと関連するMySQLソフトウェアを次の順序で停止します。service ocieau stopservice ocie stopservice mysqld stop
  6. 次のコマンドを使用して、MySQLのアップグレードを実行します。 yum install *.rpm
    *.rpmは、新しいバージョンのMySQLをダウンロードしたディレクトリに含まれる.rpmパッケージを表します。
  7. Unified Managerを次の順序で開始します。service mysqld startservice ocie startservice ocieau start