Unified Managerのインストール時に作成されるユーザ

Red Hat Enterprise LinuxまたはCentOSにUnified Managerをインストールすると、Unified Managerとサードパーティ ユーティリティによってumadmin、jboss、およびmysqlの各ユーザが作成されます。

umadmin
Unified Managerへの初回ログインで使用します。このユーザには「OnCommand管理者」ユーザ ロールが割り当てられ、「メンテナンス ユーザ」タイプとして設定されます。このユーザはUnified Managerによって作成されます。
jboss
JBossユーティリティに関連するUnified Managerサービスの実行に使用します。このユーザはUnified Managerによって作成されます。
mysql
Unified ManagerのMySQLデータベース クエリの実行に使用します。このユーザはMySQLサードパーティ ユーティリティによって作成されます。

Unified Managerのインストール時、これらのユーザに加え、対応するグループとしてmaintenance、jboss、およびmysqlの各グループが作成されます。maintenanceグループとjbossグループはUnified Managerによって作成され、mysqlグループはサードパーティ ユーティリティによって作成されます。

注:Unified Managerをインストールする前にカスタムのホーム ディレクトリを作成して独自のumadminユーザのパスワードを定義していた場合、インストール時にmaintenanceグループまたはumadminユーザがもう一度作成されることはありません。