既存のUnified Managerセットアップのハイアベイラビリティ構成への更新

既存のUnified Managerインストールを更新し、セットアップ環境をハイアベイラビリティ構成にすることができます。

開始する前に

手順

  1. クラスタの新しいノードにログインします。
  2. ノードにUnified Managerをインストールします。
  3. 既存のノードで設定スクリプトを実行し、Unified Managerサーバを設定します。
  4. 2つ目のノードへのフェイルオーバーを手動で開始します。
  5. クラスタの2つ目のノードでperl ha_setup.pl --join -t vcs -f mount_pathコマンドを実行して、Unified Managerサーバのデータが共有のLUNをポイントするように設定します。
  6. Unified ManagerOnCommand Workflow Automation(WFA)が設定されている場合は、無効にしてからWFA接続を再設定します。
  7. Unified ManagerでSnapProtectが設定されている場合は、クラスタの新しいIPアドレスと既存のストレージ ポリシーを使用してSnapProtectを再設定します。
  8. カスタム レポートを再生成し、クラスタの新しいIPアドレスを使用してUnified Managerに追加します。