Unified Manager仮想アプライアンスの導入

ネットアップ サポート サイトから.ovaファイルをダウンロードしたら、Unified Manager仮想アプライアンスを導入します。ESXiサーバへの仮想アプライアンスの導入には、vSphere Web Client(vSphereバージョン6.5)またはvSphere Client(vSphereバージョン5.5または6.0)を使用する必要があります。仮想アプライアンスを導入すると、仮想マシンが作成されます。

開始する前に

システム要件を確認しておく必要があります。システム要件を満たすために変更が必要な場合は、Unified Manager仮想アプライアンスを導入する前に変更しておく必要があります。

仮想インフラの要件

VMwareソフトウェアとインストールの要件

DHCPを使用する場合は、DHCPサーバが使用可能で、DHCPと仮想マシン(VM)のネットワーク アダプタが正しく構成されていることを確認する必要があります。デフォルトでは、DHCPを使用するように設定されています。

静的なネットワーク設定を使用する場合は、IPアドレスが同じサブネット内で重複していないこと、DNSサーバの適切なエントリが設定されていることを確認する必要があります。

仮想アプライアンスを導入する前に、次の情報を用意しておく必要があります。

タスク概要

VMware Toolsは.ovaファイルに含まれていません。別途インストールする必要があります。

仮想アプライアンスを導入すると、HTTPSアクセス用に独自の自己署名証明書が生成されます。Unified Manager Web UIにブラウザからアクセスする際に、信頼された証明書でないことを示す警告が表示されることがあります。

Unified Manager仮想アプライアンスでは、VMware High Availabilityがサポートされます。

手順

  1. vSphere Clientで、[File] > [Deploy OVF Template]をクリックします。
  2. [Deploy OVF Template]ウィザードの手順に従ってUnified Manager仮想アプライアンスを導入します。
    [Networking Configuration]ページで、次のように設定します。
    • DHCPとIPv4アドレスを使用する場合は、すべてのフィールドを空白のままにします。
    • DHCPとIPv6アドレスを使用する場合は、「Enable Auto IPv6 addressing」ボックスをチェックし、残りのフィールドは空白のままにします。
    • 静的なネットワーク設定を使用する場合は、各フィールドに値を指定します。ここで指定した値が導入時に適用されます。導入先のホストで一意で、使用されておらず、有効なDNSエントリが割り当てられたIPアドレスを指定する必要があります。
  3. Unified Manager仮想アプライアンスをESXiサーバに導入したら、VMを右クリックして[Power On]を選択し、VMの電源をオンにします。
    リソースが十分でないために電源投入に失敗した場合は、リソースを追加してからインストールを再試行する必要があります。
  4. [Console]タブをクリックします。
    初回のブート プロセスには数分かかります。
  5. プロンプトに従って、VMにVMware Toolsをインストールします。
    vSphere 6.5でvSphere Web Clientを使用している場合は、VMware ToolsのISOイメージを手動でマウントする必要があります。VMで[Edit Settings] > [Virtual Hardware] > [CD/DVD drive x] > [Datastore ISO file]の順に選択し、[Browse]をクリックして、linux.isoファイルをマウント イメージとして選択します。
  6. タイム ゾーンを設定する場合は、VMの[Console]ウィンドウのプロンプトに従って、地域や都市の情報を入力します。
    表示される日付は、管理対象デバイスのタイム ゾーンの設定に関係なく、すべてUnified Managerに対して設定されているタイム ゾーンに従って表示されます。タイム スタンプを比較するときは、この点に注意してください。ストレージ システムと管理サーバで同じNTPサーバが設定されている場合、違う時間が表示された場合でも、それぞれが表しているのは同じ時刻です。たとえば、管理サーバとは異なるタイム ゾーンが設定されたデバイスでSnapshotコピーを作成した場合も、タイム スタンプは管理サーバの時刻で表示されます。
  7. 使用可能なDHCPサービスがない場合、または静的なネットワーク設定に誤りがある場合は、次のいずれかを実行します。
    インターフェイス 操作
    DHCP [Retry DHCP]を選択します。

    DHCPを使用する場合は、設定が正しいことを確認してください。

    DHCP対応のネットワークを使用すると、FQDNとDNSサーバのエントリが仮想アプライアンスに自動的に割り当てられます。DHCPにDNSが適切に設定されていないと、OnCommandというホスト名が自動的に割り当てられ、セキュリティ証明書に関連付けられます。DHCP対応のネットワークをセットアップしていない場合は、ネットワーク設定の情報を手動で入力する必要があります。

    静的なネットワーク設定
    1. [Enter the details for static network configuration]を選択します。

      設定プロセスが完了するまでに数分かかります。

    2. 入力した値を確認し、[Y]を選択します。
  8. プロンプトでメンテナンス ユーザの名前を入力し、[Enter]をクリックします。
    メンテナンス ユーザの名前は、1文字目を小文字のアルファベット(a~z)、2文字目以降をハイフン(-)、a~z、0~9を任意に組み合わせて指定する必要があります。
  9. プロンプトに対してパスワードを入力し、[Enter]をクリックします。
    VMのコンソールにUnified Manager Web UIのURLが表示されます。

終了後の操作

Web UIにアクセスしてUnified Managerの初期セットアップを実行できます。手順については、『OnCommand Unified Managerシステム構成ガイド』を参照してください。