[パフォーマンス エクスプローラ]ページの構成要素

[パフォーマンス エクスプローラ]ページを使用すると、クラスタに含まれるすべてのボリュームなど、クラスタ内の同様のオブジェクトのパフォーマンスを比較することができます。これは、パフォーマンス イベントのトラブルシューティングやオブジェクトのパフォーマンスの微調整を行う際に便利です。各オブジェクトを他のオブジェクトとの比較でベースラインとなるルート オブジェクトと比較することもできます。

[お気に入り]ボタン()をクリックすると、このオブジェクトをお気に入りのストレージ オブジェクト リストに追加できます。ボタンが青色の場合()は、オブジェクトはすでにお気に入りに登録されています。

[健全性ビューに切り替え]ボタンをクリックすると、このオブジェクトの[健全性の詳細]ページを表示できます。このオブジェクトのストレージ設定に関して、問題のトラブルシューティングに役立つ重要な情報が得られる場合があります。

The [パフォーマンス エクスプローラ]ページには、クラスタ オブジェクトとそのパフォーマンス データのリストが表示されます。このページでは、同じタイプのすべてのクラスタ オブジェクト(ボリュームとそのオブジェクト固有のパフォーマンス統計など)が表形式で表示されます。このビューで、クラスタ オブジェクトのパフォーマンスの概要を効率的に確認することができます。

注:表のセルに「N/A」と表示される場合は、そのオブジェクトに対するI/Oがまだないため、その時点ではそのカウンタの値を利用できないことを意味します。

[パフォーマンス エクスプローラ]ページの構成要素は次のとおりです。

期間
オブジェクト データの期間を選択できます。

事前定義の範囲を選択できるほか、カスタムの期間を独自に指定することもできます。

表示して比較
グリッドに表示する関連オブジェクトのタイプを選択できます。

使用可能なオプションは、ルート オブジェクトのタイプと利用可能なデータによって異なります。[表示して比較]ドロップダウン リストをクリックしてオブジェクトのタイプを選択できます。選択したオブジェクトのタイプがリストに表示されます。

フィルタ
受け取るデータの量を設定に基づいて絞り込むことができます。

IOPSが4を超えるオブジェクトに限定するなど、オブジェクト データに適用するフィルタを作成することができます。フィルタは最大で4つまで同時に追加できます。

比較
ルート オブジェクトと比較する対象として選択したオブジェクトのリストが表示されます。

[比較]ペインに表示されたオブジェクトのデータが[カウンタ グラフ]に表示されます。

統計の表示
ボリュームとLUNについて、統計情報を各収集サイクル(デフォルトは5分)後に表示するか、または1時間ごとの平均値として表示するかを選択できます。この機能を使用してレイテンシ グラフを表示することで、ネットアップの「パフォーマンス保証」プログラムの状況を確認することができます。
カウンタ チャート
オブジェクトのパフォーマンスのカテゴリ別にグラフ形式のデータが表示されます。

通常、デフォルトではチャートが3つか4つのみ表示されます。[グラフを選択]構成要素で、追加のチャートを表示したり、特定のチャートを非表示にしたりできます。[イベント タイムライン]の表示と非表示を切り替えることもできます。

イベント タイムライン
[期間] 構成要素で選択したタイムラインについて、発生したパフォーマンス イベントが表示されます。