パフォーマンス データのグラフの仕組み

Unified Managerでは、指定した期間のボリュームのパフォーマンス統計やイベントがグラフやチャートで表示されます。

グラフにデータを表示する期間はカスタマイズが可能です。グラフの横軸は期間、縦軸はカウンタを表し、各ポイントのデータが線でつながれて表示されます。縦軸は想定値または実測値の最大値に合わせて動的に調整されます。

期間の選択

[パフォーマンス / ボリュームの詳細]ページでは、このページのすべてのグラフの期間を履歴データ チャートで選択できます。[1日]、[5日]、[10日]、[30日]のボタンを使用して1~30日(1カ月)の期間を指定できるほか、[カスタム]ボタンを使用して30日以内のカスタムの期間を指定することもできます。グラフの各ポイントは5分間隔で収集されたパフォーマンス データを表し、最大30日分のデータが履歴として保持されます。ネットワーク遅延やその他の異常が発生している間のデータも含まれることに注意してください。

Performance Managerの期間セレクタ

この例では、履歴データ チャートの期間が3月の初めから終わりまでの1カ月に設定されています。選択した期間に含まれない3月よりも前の履歴データはすべてグレー表示になっています。

データ ポイントの情報の表示

グラフでデータ ポイントの情報を確認するには、グラフ内で特定のポイントにカーソルを合わせます。そのポイントの値と日付および時刻の情報がポップアップ ボックスに表示されます。

OnCommand Performance Managerのグラフのメッセージ

この例は、[パフォーマンス / ボリュームの詳細]ページで[IOPS]チャートにカーソルを合わせたものです。10月20日の午前3時50分から午前3時55分までの応答時間と処理数が表示されています。

パフォーマンス イベントの情報の表示

グラフでイベントの情報を確認するには、イベント アイコンにカーソルを合わせます。イベントの概要情報がポップアップ ボックスに表示されます。また、イベント アイコンをクリックすると詳細を確認することができます。

Performance Managerのインシデントのポップアップ

この例は、[パフォーマンス / ボリュームの詳細]ページで[レイテンシ]チャートのイベント アイコンをクリックしたものです。ポップアップ ボックスにイベントの詳細が表示されています。[イベント]リストでも該当するイベントが強調表示されます。