アラートの追加

特定のイベントが生成されたときに通知するようにアラートを設定できます。アラートは、単一のリソース、リソースのグループ、または特定の重大度タイプのイベントについて設定することができます。通知を受け取る頻度を指定したり、アラートにスクリプトを関連付けたりできます。

開始する前に

タスク概要

アラートは、ここで説明する手順に従って[Configuration/Alerting]ページで作成できるほか、イベントを受け取ったあとに[Event details]ページで直接作成することもできます。

手順

  1. 左側のナビゲーション ペインで、[Configuration] > [Alerting]をクリックします。
  2. [Configuration/Alerting]で、[Add]をクリックします。
  3. [Add Alert]ダイアログ ボックスで、[Name]をクリックし、アラートの名前と説明を入力します。
  4. [Resources]をクリックし、アラートの対象に含めるリソースまたは除外するリソースを選択します。
    リソースのグループを選択する場合は、[Name contains]フィールドにテキスト文字列を指定してフィルタを設定できます。指定したテキスト文字列に基づいて、フィルタ ルールに一致するリソースのみが利用可能なリソースのリストに表示されます。テキスト文字列の指定では、大文字と小文字が区別されます。

    あるリソースが対象に含めるルールと除外するルールの両方に該当する場合は、除外するルールが優先され、除外されたリソースに関連するイベントについてはアラートが生成されません。

  5. [Events]をクリックし、アラートをトリガーするイベントをイベント名またはイベントの重大度タイプに基づいて選択します。
    ヒント:複数のイベントを選択するには、Ctrlキーを押しながら選択します。
  6. [Actions]をクリックして、通知するユーザ、通知の頻度、およびSNMPトラップをトラップ レシーバに送信するかどうかを選択し、アラートが生成されたときに実行するスクリプトを割り当てます。
    注:該当するユーザのEメール アドレスを変更し、その後アラートを編集するために開くと、[Name]フィールドは空欄になります。これは、Eメールが変更されたことでユーザとのマッピングが無効になったためです。また、選択したユーザのEメール アドレスを[Management/Users]ページで変更した場合、変更後のEメール アドレスは反映されません。
    SNMPトラップを使用してユーザに通知することもできます。
  7. [Save]をクリックします。

アラートの追加例

ここでは、次の要件を満たすアラートを作成する例を示します。

[Add Alert]ダイアログ ボックスで、次の手順を実行します。

  1. [Name]をクリックし、[Alert Name]フィールドに「HealthTest」と入力します。
  2. [Resources]をクリックし、[含める]タブで、ドロップダウン リストから[Volumes]を選択します。
    1. [Name contains]フィールドに「abc」と入力して、名前に「abc」を含むボリュームを表示します。
    2. [Available Resources]領域で[<<All Volumes whose name contains 'abc'>>]を選択し、[選択したリソース]領域に移動します。
    3. [Exclude]をクリックし、[Name contains]フィールドに「xyz」と入力して[Add]をクリックします。
  3. [Events]をクリックし、[Event Severity]フィールドで[Critical]を選択します。
  4. [一致イベント]領域[All Critical Events]を選択し、[Selected Events]領域に移動します。
  5. [Actions]をクリックし、[Alert these users]フィールドに「sample@domain.com」と入力します。
  6. [Remind every 15 minutes]を選択して、ユーザに15分ごとに通知します。

    指定した期間、受信者に繰り返し通知を送信するようにアラートを設定できます。アラートに対してイベント通知をアクティブにする時間を決める必要があります。

  7. [Select Script to Execute]メニューで、「Test」スクリプトを選択します。
  8. [Save]をクリックします。