[パフォーマンス オブジェクト インベントリ]ページを使用したオブジェクトの監視

[パフォーマンス オブジェクト インベントリ]ページを使用して、特定のパフォーマンス カウンタの値またはパフォーマンス イベントに基づいて、オブジェクトのパフォーマンスを監視できます。パフォーマンス イベントが報告されたオブジェクトを特定することで、クラスタのパフォーマンスの問題の原因を調べることができます。

[パフォーマンス オブジェクト インベントリ]ページには、すべてのクラスタ内のすべてのオブジェクトの関連するカウンタ、関連するオブジェクト、およびパフォーマンスしきい値ポリシーが表示されます。また、このページではパフォーマンスしきい値ポリシーをオブジェクトに適用できます。任意の列でページをソートしたり、すべてのオブジェクトまたはデータを検索したりできます。

これらのページから[エクスポート]ボタンを使用してデータをカンマ区切り値(.csv)ファイルとしてエクスポートして、レポートの作成に使用することができます。