[クラスタ パフォーマンス イベント]ペイン

[クラスタ パフォーマンス イベント]ペインには、クラスタのパフォーマンス統計とすべてのアクティブなイベントが表示されます。これは、クラスタやクラスタ関連のすべてのパフォーマンスとイベントを監視する場合に特に役立ちます。

[このクラスタのすべてのイベント]ペイン

[このクラスタのすべてのイベント]ペインには、過去72時間のクラスタに関連するアクティブなパフォーマンス イベントがすべて表示されます。左端に表示される[アクティブなイベントの総数]の値は、このクラスタのすべてのストレージ オブジェクトに対する新規イベントと確認済みイベントの総数を示します。[アクティブなイベントの総数]のリンクをクリックすると、[イベント インベントリ]ページに移動し、それらのイベントがフィルタリングされて表示されます。

クラスタの[アクティブなイベントの総数]の棒グラフには、アクティブな重大イベントと警告イベントの総数が表示されます。

リストには、ユーザ定義のしきい値ポリシー、システム定義のしきい値ポリシー、および動的なしきい値からトリガーされたアクティブなパフォーマンス イベントが含まれます。

グラフのデータ(カウンタの縦棒)は、重大イベントについては赤色(TreeMapのアイコン – 赤色)、警告イベントについては黄色(TreeMapのアイコン – 警告ステータス)で表示されます。各カウンタの縦棒にカーソルを合わせると、イベントの実際のタイプと数が表示されます。[更新]をクリックすると、カウンタ パネルのデータを更新できます。

[アクティブなイベントの総数]パフォーマンス グラフで重大イベントと警告イベントの表示と非表示を切り替えるには、凡例の[重大][警告]のアイコンをクリックします。特定のイベント タイプを非表示にした場合、凡例の該当するアイコンがグレーで表示されます。

カウンタ パネル

カウンタ パネルには、過去72時間のクラスタのアクティビティとパフォーマンス イベントが表示されます。次のカウンタがあります。

[IOPS]カウンタ パネル
IOPSは、クラスタの動作速度(1秒あたりのI/O処理数)を示します。このカウンタ パネルでは、過去72時間のクラスタのIOPSの概要を確認できます。グラフ上のラインにカーソルを合わせると、その時点のIOPSの値が表示されます。
[MBps]カウンタ パネル
MBpsは、クラスタとの間で転送されたデータの量(1秒あたりのメガバイト数)を示します。このカウンタ パネルでは、過去72時間のクラスタのMBpsの概要を確認できます。グラフ上のラインにカーソルを合わせると、その時点のMBpsの値が表示されます。

グラフ右上のグレーのバーに表示される数字は、過去72時間の平均値です。トレンド グラフの上下に表示される数字は、過去72時間の最大値と最小値です。グラフ下のグレーのバーには、過去72時間のアクティブなイベント(新規および確認済みのイベント)と廃止イベントの件数が表示されます。

カウンタ パネルには、2種類のイベントが表示されます。

アクティブ
現在アクティブなパフォーマンス イベント(新規または確認済みのイベント)を示します。自己修復または解決されていないイベントで、 ストレージ オブジェクトのパフォーマンス カウンタがパフォーマンスしきい値を超えたままになっているものです。
廃止
アクティブではなくなったイベントを示します。自己修復または解決されたイベントで、 ストレージ オブジェクトのパフォーマンス カウンタがパフォーマンスしきい値を上回らなくなったものです。

[アクティブ イベント]でイベントが1つのみの場合、イベント アイコンにカーソルを合わせてイベント番号のリンクをクリックすると、該当する[イベントの詳細]ページが表示されます。イベントが複数ある場合は、[すべてのイベントを表示]をクリックすると[イベント インベントリ]ページが開き、選択したオブジェクト カウンタ タイプに該当するすべてのイベントが表示されます。