UIへのログイン

Unified ManagerのUIには、サポートされているWebブラウザからアクセスできます。

開始する前に

タスク概要

24時間何も操作を行わないと、セッションから自動的にログアウトされます。

手順

  1. Webブラウザに、下記の形式でURLを入力します。URLは、Unified ManagerサーバのIPアドレスまたは完全修飾ドメイン名(FQDN)です。
    • IPv4の場合 https://URL/
    • IPv6の場合 https://[URL]/
    自己署名のデジタル証明書がサーバで使用されている場合、信頼されていない証明書であることを伝える警告がブラウザ画面に表示されることがあります。その場合は、危険を承諾してアクセスを続行するか、認証局(CA)の署名のあるデジタル証明書をインストールしてサーバを認証します。
  2. ログイン画面で、ユーザ名とパスワードを入力します。
    Unified Managerのユーザ インターフェイスへのログインがSAML認証を使用して保護されている場合は、Unified Managerのログイン ページではなく、アイデンティティ プロバイダ(IdP)のログイン ページでクレデンシャルを入力します。
    [ダッシュボード/概要]ページが表示されます。
    注:Unified Managerサーバが初期化されていない場合は、新しいブラウザ ウィンドウに初期設定ウィザードが表示されます。このウィザードで、Eメール アラートの受信者およびEメール通信を処理するSMTPサーバを入力し、AutoSupportでUnified Managerに関する情報のテクニカル サポートへの送信を有効にするかどうかを指定します。これらの情報の入力を完了すると、Unified ManagerのUIが表示されます。