動的なパフォーマンス イベントに関連したBullyワークロードの特定

Unified Managerでは、競合しているクラスタ コンポーネントを集中的に使用しているワークロードを特定できます。このようなワークロードを特定すると、クラスタ上の特定のボリュームの応答時間(レイテンシ)が長くなっている理由を把握できます。

開始する前に

タスク概要

[イベントの詳細]ページには、コンポーネントの使用量が多い順、またはイベントの影響が最も大きい順に、ユーザ定義およびシステム定義のワークロードのリストが表示されます。値は、Unified Managerがイベントを検出および最後に分析した際に特定したピーク値に基づいています。

手順

  1. [イベントの詳細]ページを表示してイベントに関する情報を確認します。
  2. [ワークロード レイテンシ]および[ワークロード アクティビティ]のグラフで、[Bully ワークロード]を選択します。
  3. グラフにカーソルを合わせると、コンポーネントに影響を与えている上位のユーザ定義Bullyワークロードが表示されます。