[ノード フェイルオーバー プラン]ページの構成要素

[パフォーマンス / ノード フェイルオーバー プラン]ページの構成要素は、グリッドと[比較]ペインに表示されます。これらのセクションで、ノードのフェイルオーバーによるテイクオーバー ノードのパフォーマンスに対する影響を評価することができます。

パフォーマンス統計グリッド

[パフォーマンス / ノード フェイルオーバー プラン]ページのグリッドには、レイテンシ、IOPS、利用率、および使用済みパフォーマンス容量の統計が表示されます。

注:IOPSの値は、このページと[パフォーマンス/ノード パフォーマンス エクスプローラ]ページで異なる値が表示されることがあります。

グリッドでは、各ノードに次のいずれかのロールが割り当てられます。

注:テイクオーバー ノードのワークロードはフェイルオーバー後の両方のノードのワークロードの合計に相当しますが、推定テイクオーバー ノードの統計はプライマリ ノードとパートナー ノードの統計の合計にはなりません。たとえば、プライマリ ノードのレイテンシが2ミリ秒/処理でパートナー ノードのレイテンシが3ミリ秒/処理の場合に、推定テイクオーバー ノードのレイテンシが4ミリ秒/処理になることがあります。この値はUnified Managerで計算されます。

パートナー ノードをルート オブジェクトにする場合は、そのノードの名前をクリックします。[パフォーマンス/ノード パフォーマンス エクスプローラ]ページが表示されたら、[フェイルオーバー プラン]タブをクリックして、このノードのフェイルオーバー シナリオにおけるパフォーマンスの変化を確認できます。たとえば、ノード1がプライマリ ノードでノード2がパートナー ノードの場合、ノード2をクリックしてプライマリ ノードに切り替えることができます。これにより、どちらのノードで障害が発生したかに応じて、予想されるパフォーマンスの変化を確認することが可能です。

[比較]ペイン

[比較]ペインにデフォルトで表示される構成要素を次に示します。

イベント チャート
[パフォーマンス/ノード パフォーマンス エクスプローラ]ページと同じ形式で表示されます。プライマリ ノードのみが対象になります。
カウンタ チャート
グリッドに表示されるパフォーマンス カウンタの過去の統計が表示されます。各チャートの推定テイクオーバー ノードのグラフには、フェイルオーバーが特定の時点で発生した場合の予想されるパフォーマンスが表示されます。
たとえば、利用率のチャートに、推定テイクオーバー ノードの2月8日の午前11時の利用率が73%と表示されているとします。これは、その時刻にフェイルオーバーが発生した場合にテイクオーバー ノードの利用率が73%になることを示しています。
過去の統計は、テイクオーバー ノードに過大な負荷をかけずにフェイルオーバーを開始する最適な時刻を特定するのに役立ちます。テイクオーバー ノードの予測パフォーマンスを確認して、許容される時間にフェイルオーバーをスケジュールすることができます。

[比較]ペインには、デフォルトではルート オブジェクトとパートナー ノードの両方の統計が表示されます。このページには、[パフォーマンス/ノード パフォーマンス エクスプローラ]ページとは異なり、統計を比較するオブジェクトを追加するための[追加]ボタンはありません。

[比較]ペインは、[パフォーマンス/ノード パフォーマンス エクスプローラ]ページと同じ方法でカスタマイズすることが可能です。チャートをカスタマイズする例を次に示します。